ABOUT

●デザインコンセプト

 

適材適所という言葉と同様、
どんなデザインにおいても「最大限ポテンシャルを発揮できるデザイン」が存在します。

それは、”事業の内容”と”対象とする顧客”という要因によって決定されると私は考えています。

例えば、バーの内装デザインやインテリア。
もし、オシャレなバーだと思って訪れたお店が大衆居酒屋のように照明が明るく、
内装がファミレスのようにカラフルなデザイン、机はプラスチックのチープな物だったらどうでしょう。
どんなにフードやドリンクが美味しくても、きっとまた行きたいとは思わないでしょう。

これはわかりやすい例でしたが、
ブログやホームページのデザインにおいても同じ事が言えます。
ウェブデザインを変更して事業が成功した例は世の中に数多く存在します。

しかし現状として、ブログ・ホームページのデザインは事業内容そのものの二の次と考えている方が非常に多いです。
私はそれが非常にもったいないと感じています。

Y.H. Design Studioでは、
「最大限ポテンシャルを発揮できるデザイン」をコンセプトに、
“事業の内容”と”対象とする顧客”を徹底的に分析し、時代の流れに沿った「成功するデザイン」を提案します。

 

 

 

 

●カラーイメージスケール

 

具体的な手法の一つとして、
Y.H. Design Studioでは「カラーイメージスケール」を採用しています。

デザインを構成する要素として「色」が占める割合は非常に大きいです。

一つ一つの色が持つ意味をあきらかにし、各色を相互に関連付けて比較判断できるように開発されたのがカラーイメージスケールです。全ての色が、ウォーム(warm)かクール(cool)か、ソフト(soft)かハード(hard)か、クリア(clear)かグレイッシュ(grayish)か、の3つの心理軸からなるイメージ空間に位置づけられています。

彩度の高い色は、横軸に沿って大きく拡がっています。これは、鮮やかな色はその色相の違いで、大いにイメージを変化させるということを示しています。それに比べて、黒に近いような暗い色は、ハードの方向性に集中していることが見てとれますが、ハードな印象という面が強く、色相による違いはあまり認識されていないということです。すなわち暗い色であれば、赤系でもブルー系どもある程度同じような重厚感や格式感などが表現しやすいとも言えましょう。

このスケールは、形容詞のイメージ、配色のイメージと関連付けられて開発されてきました。例えば、それぞれ形容詞の内容を表現する単一の色や、配色はどんなものかというと、イメージスケールの同じ位置にある色や配色です。逆に、色の組み合わせによって、それがどんな印象で人に伝わるかというと、その配色に似たものの位置にある形容詞を探せばいいわけです。

 

 
 これはあくまでも一例ですが、Y.H. Design Studioでは、
 このような様々なデザイン工学の知見に基づき、
 「最大限ポテンシャルを発揮できるデザイン」を提案します。

 

(参考文献・出典「カラーイメージスケール改訂版」2001講談社
「カラーシステム」1999講談社)